gokurakujiclinic’s blog

医療、医学情報の発信

御霊病院通信 その6 生きると言うこと

生物の本質は、外界と絶えず様々な物質の交換を行いながら自己を維持し、様々な活動をしていること(動的平衡)です。

さすれば生きると言うことは、外界と物質のやり取りをすること、息を吸って吐いて、食べ物を食べて、便として排泄し、水分を補給して、尿として出す。ただそれだけです。当然、生殖行為もしかりです。

だからこそより良く生きるとは、この当たり前の営みをただ丁寧にするだけ。

生きていくためにそれらをして、それらをしているから生きていける。

この考え間違ってますか?

何故、人はこんな当たり前のことがわからないのだろう?

薬や機械が、生体の本態を動かしているわけじゃないっ!つーの!