gokurakujiclinic’s blog

医療、医学情報の発信

米国留学の想い出 その1

私は今から14年ほど前、米国に留学して癌に関する基礎研究をしていたことがありました。その業績も、研究の仕事自体も今の仕事には全く生かされていませんが、自分の中の引き出しの中においてあった一つの軌跡です。ふと先日、そのことを思い出し、引き出しの中から出して見てみました。

その時には癌というのは一体どんな病気なんだろう。癌の増殖や浸潤や転移という現象はどのようなことなのだろう?どうしたら私たちは癌を治すことができるのだろう?何かそこに新しい真理が見つけられないだろうか?と躍起になって研究者としては素人レベルのスペックで実験を繰り返しました。結果的に研究室からPaperを数本Publishさせていただきましたが、今でも十分な仕事は成し終えていないなと受け止めています

その研究の主な内容は、生体内における癌の動態観察。いろんな種類のがん細胞を培養し、そこにレトロウィルスを用いて蛍光蛋白(GFP, RFPなど~この蛍光蛋白質自体が後にノーベル医学生理学賞に選ばれました)様々な細胞小器官に発現するように遺伝子を導入して可視化して、その細胞を実験動物に移植して生体内での癌細胞の動態を観察するといった極めてシンプルなものでした

そこで細かい遺伝子解析やタンパク質解析をして癌細胞の性質の解明に至るまでにも至りませんでしたが、いかに癌細胞が正常細胞とは違ってタフな化け物的な細胞(無限に増殖して、どんどん変化し続け、いかに過酷な環境でも生き延びる細胞)であることは実感しました

また癌の診療に重要な浸潤や転移という現象は、移植モデルでは単細胞の移植では簡単には見られず、組織片移植や移植前に前処置を行うと癌が生着しやすいこともわかりました

実はこの時に私が抱えた最大の問題があってそれは今も何一つ解決できていません

それは抗がん剤を用いて癌を治すことができるのか?という非常に重く重要な課題です。

抗がん剤の治験において、抗がん剤の試験管内と生体での反応(効果)は全く異なります。いくつかの実験を通じてそのことを痛感しました

今の段階ではこれ以上書くことは難しいですが、この問題もいつの日か少しでも自分なりにアプローチしてみたい課題です

 

http://www.metamouse.com/Bouvet, Tsuji-2006.Cancer Res.pdf

Cancer Res. 2006 Jan 1;66(1):303-6.
Dual-color imaging of nuclear-cytoplasmic dynamics, viability, and proliferation of cancer cells in the portal vein area.
Tsuji K1, Yamauchi K, Yang M, Jiang P, Bouvet M, Endo H, Kanai Y, Yamashita K, Moossa AR, Hoffman RM.
Author information
Abstract
We used dual-color in vivo cellular imaging to visualize trafficking, nuclear-cytoplasmic dynamics, and the viability of cancer cells after their injection into the portal vein of mice. For these studies, we used dual-color fluorescent cancer cells that express green fluorescent protein (GFP) linked to histone H2B in the nucleus and retroviral red fluorescent protein (RFP) in the cytoplasm. Human HCT-116-GFP-RFP colon cancer and mouse mammary tumor (MMT) cells were HCT-116-GFP-RFP in the portal vein of nude mice. The cells were observed intravitally in the liver at the single-cell level using the Olympus OV100 whole-mouse imaging system. Most HCT-116-GFP-RFP cells remained in sinusoids near peripheral portal veins. Only a small fraction of the cancer cells invaded the lobular area. Extensive clasmocytosis (destruction of the cytoplasm) of the HCT-116-GFP-RFP cells occurred within 6 hours. The number of apoptotic cells rapidly increased within the portal vein within 12 hours of injection. Apoptosis was readily visualized in the dual-color cells by their altered nuclear morphology. The data suggest rapid death of HCT-116-GFP-RFP cells in the portal vein. In contrast, dual-color MMT-GFP-RFP cells injected into the portal vein mostly survived in the liver of nude mice 24 hours after injection. Many surviving MMT-GFP-RFP cells showed invasive figures with cytoplasmic protrusions. The cells grew aggressively and formed colonies in the liver. However, when the host mice were pretreated with cyclophosphamide, the HCT-116-GFP-RFP cells also survived and formed colonies in the liver after portal vein injection. These results suggest that a cyclophosphamide-sensitive host cellular system attacked the HCT-116-GFP-RFP cells but could not effectively kill the MMT-GFP-RFP cells.